Homeブログ

2017/01/02

日本のおめでたい色使いと言えば「紅白」。のし袋やのし紙にかける水引、式典に使われる幔幕、お祭を彩る紅白ちょうちん、お祝いのお饅頭、お正月料理の紅白なますなど。

「紅白」がおめでたい配色となった理由は、実ははっきりしていないようです。

源平合戦がルーツとも「生」(赤)と「死」(白)のイメージから人の一生を表すからとも言われています。

写真はいただきもののお干菓子(東京都東久留米市の象東さん)

丹頂鶴です。丹頂鶴は頭頂が赤いのが特徴。丹頂の「丹」は「赤い」という意味です。その優美な姿から縁起の良いモチーフとして日本画にもたくさん描かれています。...

2016/10/09

日頃モノトーンの色使いが多いシャネルのウィンドー。

先日はこんな対照的な配色でした。ローズレッドミントグリーン(赤×緑)。この強烈な配色を緩和しているのは、黒です。

また、この配色のトーンを変え(ローズレッドをもっと鮮やかに、ミントグリーンをもっと深く)、黒を白に置き換えれば、クリスマスカラーになります。

こちらは、同じ日のラブレスというセレクトショップのウィンドー。

白とベージュで赤×緑(緑みの青)の強い配色を緩和。

東京メトロ千代田線明治神宮前駅から表参道駅までの一駅の距離で見つけた同じタイプのショーウィンドーの配色レポートでした。

2016/09/30

ビタミンカラーという言葉を聞いたことがありますか?

ビタミンを多く含む赤やオレンジ、黄色い色の野菜やフルーツの色をビタミンカラーと

いうのですが、実はこの言葉、ビタミンとカラーを合体させた和製英語です。

英語では、ブライトカラーやビビッドカラーという表現をします。

ブライトカラーやビビッドカラーという表現にはオレンジや黄色以外の緑や青、紫も含み、はっきりした色全般のことになります。

和製英語ながら、ビタミンカラーは言い得て妙だと思いませんか?聞いただけで、元気が出そうですね!

こちら→はりんごと人参のジュース。

オレンジの色が人参に含まれるカロテ...

2016/09/27

2015年1月に日本初上陸を果たしたニューヨーク・ブルックリンのゴリラ・コーヒー。その日本2号店(池袋)に行ってきました。

ネーミングがユニークですが、実際にゴリラのイラストがロゴマークになっていることにびっくり!そして、色は赤なんです。ビビッドカラーの中でも一番目立つ色。黒との配色で赤がより強烈でインパクト大の効果。

コーヒーとは関係なさそうなゴリラというネーミングの訳は、「ゴリラのようなガツンとしたインパクトのある珈琲」が売りだからだそうです。

店内の棚に並ぶ商品も赤×黒×時に白も。シンプルでわかりやすい!

この配色、あの人気キャラクタ...

Please reload

特集記事

赤×黒は、圧倒的な存在感

September 27, 2016

1/1
Please reload

最新記事

September 30, 2016

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

 ©colorboration/Kumiko Torisawa 

  • White Instagram Icon
  • Facebook の B & W
  • Pinterest B & W

東京都渋谷区神宮前2-26-10ウインド神宮前202